TOP→犯罪被害者支援
犯罪被害者支援
帯広警察署 犯罪被害者支援だより はまなすの写真

11月25日から12月1日は犯罪被害者週間です
〜社会に広げよう犯罪被害者支援の輪〜

 犯罪や事故のない安全で安心な社会の実現は、道民全ての願いであり、日常生活や社会発展の基盤となるものです。しかし、依然として凶悪犯罪等の発生は後を絶ちません。
 思いがけずそれらに巻き込まれた犯罪被害者や、その家族の多くが犯罪による直接的な被害に加え、精神的ショックによる体調不良等の二次的被害にも苦しめられています。
 これらの犯罪被害者等が再び平穏な生活を営めるようになるためには、地域の全ての人々の理解と配慮、そしてそれに基づく協力が必要です。
 犯罪被害はいつ、誰に起こるか分かりません。不幸にして犯罪被害に遭われた方々の置かれた現状や、心情等を理解し、社会全体で支えるとともに、犯罪の未然防止を図るため当署では管内高等学校等を対象に「命の大切さを学ぶ教室」を開催しています(警務課で受付中)。
 警察では犯罪被害に遭われた方からの相談に応じています。
 犯罪は誰も幸せにすることはありません。被害者も加害者も不幸にします。
 地域社会が一丸となって犯罪と対決し、被害者も加害者も出さない安全で安心なまちを築いていきましょう。

知っていますか?
「釧路被害者相談室」 
犯罪被害給付制度について
○DV(配偶者暴力)などの家庭内暴力や、性犯罪、その他の事件や交通事故などの被害に遭い悩んでいるあなた。
 心の悩みを打ち明けてみませんか。

○民間カウンセリング資格を持ったボランティアの女性相談カウンセラーが親身に相談に乗ります。
 ダイヤルすることが第一歩です。あなたは一人なんかじゃありません。勇気を出して!

0154−24−6002(電話相談)

毎週火・金曜日
午前10時30分〜午後2時30分 
故意の犯罪行為により不慮の死を遂げた被害者の遺族の方や、障害が残ったり、一定の要件に該当する重傷病を負った被害者の方に対して、国が給付金を支給する制度です。

○遺族給付金
○障害給付金
○重傷病給付金

加害者と被害者が親族関係にあるなど特別な関係がある場合等には給付金が支給されないこともあります。申請等のお問い合わせは警察署、警察本部まで。
相談している様子 悩むより かけて安心 #9110
 警察では、事件や事故、不安な出来事など生活の安全に関する幅広い相談に応じています。

 プッシュ回線・公衆電話・携帯電話・PHSから利用できます